• HOME
  • 中学生コース

中学生コース

中学生コースについて

自ら進んで学ぶ、「真の実力」を養成
努力の大切さを体験し、自から進んで学ぶ心と力を育てていきます。内申点アップだけではなく、高校入試本番で得点できる真の実力も養成していきます。

「意欲喚起講座『未来』」

みらい

「単元テスト」で、授業内容を定着
授業内容をより定着させるために、単元が終わるごとに「単元テスト」を行って授業の理解度をチェックしています(英語と数学)。日々の学習の重要性を説きながら、確実に理解をしてもらい、積み残しがないように声かけをしています。

テスト対策は無料で実施

料金を抑えて長時間指導を確保!プログレスタイム[PT]を創設!
成績が悪い中高生の大半は家で勉強できません。そんな生徒が塾に通ったところで家で勉強できるようにはならず、「塾の短い指導時間=総勉強時間」となり、成績は一向に上がりません。そこで普通の中高生専門の当塾では、塾での指導時間を大幅に伸ばすことにより、点数を上げるための勉強量を確保します。そこで、長時間の指導を可能にするため時間あたりの単価を下げました。 塾で勉強時間を確保することにより宿題等の家で勉強を行うという不確定要素を排除し、定期テストで安定した高得点を獲得できる仕組みになっています。

( 内容 )
①勉強の仕方…生徒の自己流勉強方法がいかに的外れかを徹底指導
→ノートの使い方、マルの付け方、間違えた問題のやり直しの仕方などにこだわります
②学校の課題(提出物)…片付け仕事になっている生徒たちへの徹底指導
→学校へ提出する教材をいい加減にやる生徒をゼロ人にします
③得点UPに向けて…「分かる」から「できる」にするにはどうしても一定の演習量が必要
→PTの真骨頂。上記①②を早く克服してPDCAサイクルへ誘導。さらにその先は…。

( 指導方法 )
①個人の学習計画作成
②それに基づいた学習指導全般
③学習の進捗状況のチェックと、モチベーションUPの面談指導

高校入試の今!

神奈川県公立高校入試 「大変!」と捉えず「力」を付ける機会が与えられた!」と解釈すべき
学長

神奈川県公立高校の入試制度がついに動きました。変更点は以下の5つに要約できるでしょう。

  • 選抜の機会が前後期の2回から「共通選抜1回のみ」に!
  • 学力検査が後期選抜者のみ5科目250点満点から「全員に実施で5科目500点満点」
  • 独自問題が一部の学校で作成実施から「独自問題は作成しない」
  • 面接・自己PR書は前期選抜の全て、後期選抜の一部で面接実施から「全受検者に面接が課せられる」
  • その他の検査は必要に応じて、面接・実技・作文・自己表現など高校ごとに実施可能から「«特色検査»として学校ごとに選択・実施可能」

では新制度の狙いはどこにあるのでしょうか?最も気になる一つに「学力検査」があります。独自問題がなくなり、出題形式・内容の変化から、入試問題の難易度が上がっています。具体的には以下の2点です。

  • 記述型の解答を求める設問の増加・追加(現在の共通問題は記号ばかり)→この典型が、英語・国語の作文、数学の完全証明です。
  • 設問の素材そのものの複雑化(現在の共通問題は1設問に1素材という単純なものが多数)→一つの解答を導くために複数の素材を用いなくてはいけないタイプの問いです。しかも「~について説明せよ」という質問に対する答えは、「暗記しておけば解答できる」ものではなく、暗記では解決できない「考えさせられる」設問になりました。

また、面接の占める割合が最低でも2割という数字も要注意です。従来の「形式的」なものに留まらず、高度な知的能力を要求してくることも考えられます。
公立高校における特色ある学校づくりが、声高々に発せられて随分経ちます。どんな特色があるの?となかなか外に見えてこなかったものが、ここにきてようやく見え始めてきた高校もあります。 制度での改革ではなく、その高校自体の努力で改革が進んでいるところもあります。
学習指導要領の改訂により、中学校の教科書のボリュームが増えました。小学生の保護者さまも、「まだ先のこと」とおっしゃらず情報収集には積極的に取り組んでいただきたいと存じます。

中学1年生

※3科目以上必修となります。

時間割

時間帯 火曜日 水曜日 木曜日 時間帯 金曜日
19:00-19:50 国語   国語    
19:55-20:45 英語 プログレスタイム[PT] 数学 19:35-20:35 理科
20:50-21:40 英語 プログレスタイム[PT] 数学 20:40-21:40 社会

中学2年生

※3科目以上必修となります。

時間割

時間帯 月曜日 水曜日 木曜日 時間帯 金曜日
19:00-19:50 国語 国語      
19:55-20:45 数学 英語 プログレスタイム[PT] 19:35-20:35 社会
20:50-21:40 数学 英語 プログレスタイム[PT] 20:40-21:40 理科

授業料体系[中1・2共通]

コース 教科 通塾
回数
月謝 諸費
I期 II期・III期 模試代
[3科目受講]
英・数・国
週2回 ¥22,620 ¥18,160 ¥12,850 年3回
¥ 6,170
[4科目受講]
英・数・理・社
週3回 ¥22,620
[5科目受講]
英・数・国・理・社
週3回 ¥26,740 ¥16,960
※月謝・諸費は消費税込みの価格です
※3科目以上受講できない方はご相談ください
※模擬試験は7月・12月・3月を予定しています

中学3年生

入試制度が大きく変わっているため万全の対策が必要です。よって5科目必修です。

時間割

時間帯 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
19:00-19:50 国語 プログレスタイム[PT] 国語 プログレスタイム[PT] 演習
19:55-20:45 英語 プログレスタイム[PT] 数学 プログレスタイム[PT] 社会
20:50-21:40 英語 プログレスタイム[PT] 数学 プログレスタイム[PT] 理科

※火曜のプログレスタイムは10月以降開講予定

※体験・入塾前にクラス編成テストを受験していただきます。

授業料体系[中3] ※ 5科目必修となります ※

コース 教 科 通塾
回数
月謝 諸費
I期 II期・III期 模試代・予想問題代
[5科目受講]
英・数・国
・理・社
週3回 ¥29,820 ¥18,160 ¥16,960 年6回
¥21,600
[予想問題代も含む]
※月謝・諸費は消費税込みの価格です
※模試の実施予定月:7月・8月・10月・11月・12月・1月

★また中3は入試に向けての「入試ガイダンス」を始め、様々なオプション講習・講座があります。

  • 夏期理系特訓(1日5時間の理系大勉強会)【無料】
  • 夏期文系特訓(1日5時間の文系大勉強会)【無料】
  • 入試特訓A(10月~11月)【無料】
  • 入試特訓B(英数国理社の各科目+5点UP大作戦)【無料】
  • 私立入試前特別補講【無料】
  • 公立共通選抜直前演習【無料】
  • 公私立高校受験面接練習【無料】
  • 朝まで特訓≪トラの穴特訓≫

これまでの合格実績

公立高校・私立高校

この規模で100校以上の進学…本当に生徒の事を考えた進路指導の結果です。[以下の合格校には講習生は含みません]

公立高校

相原/旭/麻生総合/厚木清南/磯子工業/市ケ尾/市立金沢/市立サイエンスフロンティア/市立桜ケ丘/市立東/市立みなと総合/市立横浜商業/荏田/岡山県立玉島/海洋科学/金井/神奈川工業/神奈川総合/川崎市立川崎/川崎市立商業/川崎市立高津/川崎市立橘/川崎北/川崎工科/川和/岸根/霧が丘/港北/希望ヶ丘/光陵/座間/七里ガ浜/商工/湘南台/松陽/城郷/新栄/菅/瀬谷/瀬谷西/田奈/中央農業/津久井/鶴見/保土ヶ谷/新羽/二俣川看護福祉/白山/向の岡工業/元石川/弥栄/大和/大和西/大和東/大和南/百合丘/横浜旭陵/横浜修悠館/横浜翠嵐/横浜清陵/横浜総合/横浜立野/横浜平沼

私立高校

麻布大学付属/厚木中央/桜美林/大西学園/大森学園/柏木学園/鎌倉女子大学付属/蒲田女子/京都外大西/向上/国士舘/駒沢大学附属/光明相模原/駒場学園/星槎/高木学園女子/橘学苑/玉川聖学院/中央大学付属横浜/鶴川/桐蔭学園理数/東海大相模/東京実業/東京農業大学第一/桐光学園/佐賀学園/サレジオ高専/自由が丘学園/二松學舍大学付属/日本工業大学駒場/日本体育大学付属荏原/日本女子体育大学付属二階堂/日本大学/日本大学三高/日本大学鶴ヶ丘/日本大学藤沢/白鵬女子/八王子学園/日々輝学園/藤沢翔陵/武相/文教大学付属/法政女子/法政二高/三浦/三田国際/森村学園(内進)/山手学院/横浜学園/横浜商科大学付属/横浜翠陵/横浜清風/横浜創英/横浜創学館/横浜隼人/和光/専門学校神奈川総合大学校/北海道インターナショナル/町田市調理師専門学校など

お問い合わせ窓口

無料体験授業のお申し込み・資料請求・お問い合わせはこちら。まずはお問い合わせください。
青葉学院

横浜市緑区、JR中山駅前にある地域密着の学習塾

  • TEL:045-391-0253
    [受付時間]13:00~19:00[休日]日曜・祝日
  • お問い合わせ
体験授業

「勉強が苦手」「塾に通ったことがないので行ってみたい」など、ぜひ一度青葉学院の環境をご覧ください。

詳しくはこちら
個別指導

ご本人の要望に合わせて、時間割をオーダーメード。クラスレッスンを受けながら、 さらに個別で重点的に補完をするという受け方もできます。

詳しくはこちら

青葉学院

JR中山駅 アクセスマップを見る

〒226-0013
神奈川県横浜市緑区寺山町89
スクエア21 ビル4F

tel:045-931-0253 お問い合わせ
公益社団法人 全国学習塾協会

青葉学院は「公益社団法人 全国学習塾協会」より
(1)消費者との適正な取引
(2)顧客の安全安心対策
(3)個人情報の保護
が認証基準を満たしている塾と認められています。

ページのTOPへ